地球温暖化対策で日本は後れをとってはいけない

地球温暖化の問題はもう何年も議論されていますが,まだまだ先に進んではいないように思えます。

それでも,2020年以降の温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」の審議が,日本でも国会で審議に入りました。

パリ協定についてはアメリカや中国も批准しています。

これはすごいことで,今まで地球温暖化対策には消極的であった2大大国も乗り出してきました。

日本はモロッコで開催される第1回締約国会議に参加する予定ですが,国会承認が間に合わなかったため,参加できない可能性もあります。
参加できたとしても,発言権がない可能性もあります。

これはもったいないことですね。TPPの議論があるとはいえ,パリ協定含めその他の検討事項を同時並行で進められなければ,国際舞台で後れを取ってしまうことにもなりかねません。

国会でじっくり話し合うのも大事ですが,意思決定は迅速にしていくことが重要だと思います。

世界的に地球温暖化対策を進めていくチャンスですから,日本も頑張ってほしいものです。エピレ 初めて プラン